一側性難聴

フォナックは一側性難聴の治療アプローチを積極的に研究しています。それは、あらゆる年齢層やあらゆる種類の聴覚の問題をもつ方に、困難な環境においても多くの解決策を提供することが私たちの使命だからです。

ダウンロード:一側性難聴の治療クイックガイド

Download UHL Quick Practice Guideline

Download Phonak Compendium

Download Phonak Compendium


一側性難聴(UHL)は、子どもが片耳で健聴な感度を示し、他方の耳でなんらかの程度の難聴を患う場合を意味します。米国では、6.3%1 の子ども、すなわち 440 万人2の子どもがUHLを患っていると推定されています。

多様な状況で良好に聞き取ることは、一側性難聴(UHL)の子どもとティーンエイージャーにとって、特に難しい場合があります。教室の外でも中でも、生活を通して、自分は健やかであるという感覚を得るためには、さまざまな状況に全面的に参加でき、アクティブな生活についていくことができる解決策が必要不可欠です。

kinderen spelen muziek
 

確信をもつ

米国では6.3%の子ども、すなわち440万人の子どもが一側性難聴を持っていると推定されています。

彼らの活動的な生活に則した解決策をもつことは、教室の外でも中でも彼らの幸福感にとって重要です。

 

 

子どもに及ぼす 一側性難聴 の影響

一側性難聴(UHL)を治療しないことで、言語発達が遅れたり、学習に支障をきたしたりする可能性があります。また、子どもの疲労や引きこもりの原因となる場合もあり、社会的、情緒的な問題に直面するリスクが高くなる可能性もあります。

研究で、次のことが示されています。

  • UHLの子どもは、健聴な子どもよりも、留年を必要とする可能性が10倍高くなります。3
  • UHLの子どもは、サポートサービスを必要とする可能性が5倍高くなります。4


These effects are signficant for the 1 in 1000 newborns identified with UHL5 and the 3 in 100 children who have UHL once they are school-aged.6

 

 
Hispanic girl at school
 
 

あらゆる難聴に対応する独自のソリューション

フォナックには、一側性難聴の子どもの成長に併せて適切な技術の選択肢が多くあり包括的な聞こえの解決策を提供しています。

一側性難聴(UHL) の性質は幅広く複雑なため、「1つで全て解決」出来る解決策はありません。1人1人の子どもの特定のニーズに応えるには、独自の解決策を幅広く組み合わせる必要があり、子どもが成長し、聞き取りの困難なさまざまな状況に直面するにつれて変化する場合があります。

  • 聞こえにくい方の耳がいくぶん聞こえる場合は、お子様の聞き取り状況に応じて自動の環境認識機能で対応するフォナック スカイ B シリーズの小児用補聴器(6つのモデル)と小児用機能が最適です。
  • 一側聾や一側性難聴を抱えた子どもの場合、耳かけ型モデルのフォナック クロス B が、スカイ B シリーズ*と一緒にシームレスに機能します。

    ロジャーで使用する場合であっても、手動の調整は一切必要ありません。

  • 騒音下や離れた場所の場合、目立たない ロジャー フォーカス

    受信機を正常な耳に装用して、ロジャー マイクロホンとペアリングすれば、教室の雑音の中でもことばの理解が向上します。

     

*充電式スカイ B-PR には推奨されません。

 

よりよい成果を得るために

フォナックでは、一側性難聴(UHL) の子供が聞き手として直面するニーズを理解しています。そのため、あらゆる年齢とあらゆる難聴において、困難な環境でも、子供のことばの理解を改善することが実証されている専用のソリューションを数多く開発してきました。聞き取りを楽しめるだけでなく、フィッティングが容易で使いやすい設計です。当社の目標は、すべての UHL の子供がよりよい成果を得るために、可能な限り最良のツールを提供することです。

より良い成果を得るために

一側性難聴(UHL)の治療を進めるためにフォナックではベストプラクティスを議論するための専門家の国際的な議論をまとめました。彼らの意見は下記の通りです。:

  • 言語理解・認知・言語の発達への影響を考慮し、生後6か月までの介入が必要。
  • 様々な聴覚技術を考慮.
  • 聴覚専門家(オージオロジスト)は一側性難聴の子どもとのサポートの中に、家族を含めた人々に情報を提供する重要な役割を担う。
 
pic_teens_sport_climbing.jpg
 

Evidence Downloads

Technical Paper: Quick Practice Guideline - Tools and considerations for assessing and managing unilateral hearing loss in children

Bagatto, M. et al., 2018

Technical Paper: Phonak Compendium: A Review of Unilateral Hearing Loss in Children

Smith, C. and Drexler, J., 2018

Field Study: Remote microphone listening devices for children and adults with unilateral hearing loss

Rance, G., 2018

フォナック スカイ B

beautyshot_sky_b_family_700x600.png

フォナック スカイ B は、オートセンス スカイ OS やサウンドリカバー2など、画期的な機能と技術を導入しています。

フォナック クロス B

packshot_cros_b_13_hook_blue.jpg

フォナック クロス Bはビロング技術に基づいた一側性難聴の方向けのクロス送信機です。

ロジャー フォーカス

Roger Focus SlimTube

通常の聞こえを持つものの、注意力または聴覚刺激の処理に問題を抱える子供用の耳かけ型の目立たない受信機はです。

ロジャー受信機

Roger Touchscreen Mic Standing

教室での使用を考慮したロジャー マイクロホンです。様々な教室での活動を簡単にサポートすることが出来ます。

ロジャー タッチスクリーン マイク

Packshot_Roger_Select_lying_052-3471-000P5.png

マルチビーム技術を使用し、大人数での騒がしい会話でも、雑音の制御を自動で行います。

ロジャー ペン

Roger Pen Family

騒がしい中でのことばや離れた場所においても優れた性能を発揮する目立たないワイヤレス ロジャー マイクロホン。

参考文献

1 Ross DS, Visser SN, Holstrum, WJ, Qin T, Kenneson A. Highly variable population-based prevalence rates of unilateral hearing loss after the application of common case definitions.

Ear and Hearing.February 2010;31(1): 126-133. doi: 10.1097/AUD.0b013e3181bb69db

2 Pop1 Child Population: Number of Children (in millions) Ages 0–17 in the United States by Age, 1950–2016 and Projected 2017–2050.ChildStats.gov Forum on Child and Family Statistics. https://www.childstats.gov/americaschildren/tables/pop1.asp

Accessed October 23, 2017.

3 Bess, F.H.& Tharpe, A.M. (1986).Case history data on unilaterally hearing-impaired children.Ear & Hearing, 7, 14 –19.

4 Oyler, R.F., Oyler, A.L., Matkin, N.D.(1988).Unilateral hearing loss: demographics and educational impact.Language, Speech, and Hearing Services in Schools.19, 201–210.

1 Ross, D.S., Visser, S.N., Holstrum, W.J., Qin, T, & Kenneson, A. (2010). Highly variable population-based prevalence rates of unilateral hearing loss after the application of common case definitions. Ear and Hearing. 31(1): 126-133. https://doi.org/10.1097/AUD.0b013e3181bb69db

2 Central Intelligence Agency. (2017). The World Factbook. https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/geos/ch.html, accessed May 23rd, 2018.

3 Bess, F.H. & Tharpe, A.M. (1986). Case history data on unilaterally hearing-impaired children. Ear and Hearing, 7, 14-19.

4 Oyler, R.F., Oyler, A.L., & Matkin, N.D. (1988). Unilateral hearing loss: demographics and educational impact. Language, Speech, and Hearing Services in Schools. 19, 201–210. https://doi.org/10.1044/0161-1461.1902.201

5 Prieve, B., Dalzell, L., Berg, A., Bradley, M., Cacace, A., Campbell, D. , DeCristofaro, J., Gravel, J., Greenberg, E., Gross, S., Orlando, M., Pinheiro, J., Regan, J., Spivak, L., & Stevens, F. (2000). The New York State universal newborn hearing screening demonstration project: Outpatient outcome measures. Ear and Hearing, 21 (2), 104–117.

6 Bess, F. H., Dodd-Murphy, J., & Parker, R. A. (1998). Children with minimal sensorineural hearing loss: prevalence, educational performance, and functional status. Ear and Hearing, 19(5), 339–354.

7 Bagatto, M., DesGeorges, J., King, A., Kitterick, P., Laurnagaray, D., Lewis, S.,…Tharpe, A.M. (2018). Quick Practice Guideline - Tools and considerations for assessing and managing unilateral hearing loss in children. Retrieved from www.phonakpro.com/evidence, accessed May 23rd, 2018.