アクセス計画のガイド

計画をたてること、それは、難聴のティーンエイージャーが大人の生活に備えるための大切な要素です。

 

このガイドは、ティーンエイージャーとその両親、そして支える専門家が、コミュニケーションを取ることや聞こえを支援するテクノロジーに対するセルフ アドボカシーを高め、責任能力を育てるように作成してあります。

勉強を続けると決めたり、働き始めると決めたり、人生の次のステップを踏み出す子供たちの準備ができるように、導いていくことが目的です。

内容は以下のとおりです。

  • 評価ツール
    ティーンエイージャーがうまくセルフアドボカシーを発達させるために必要な新しい知識とスキルをターゲットとしたツール。
  • 計画ツールとリソース
    目標とする分野に対応するための学習計画を作成するツール。
  • 情報ツール
    ティーンエイージャーが難聴と、「コミュニケーションを取ること」について学習するための資料と情報。

セルフ アドボカシーの推進

このガイドには、ティーンエイージャーが自分の難聴に関して自信を持ち、人とのコミュニケーションの方法を確立できるようになるための基礎部分をサポートする一連のツールが含まれています。

手順1:評価と支援

それぞれの生徒について、最も適切な評価ツールを判断し、本人に対して各ツールの詳しい説明をする。

 

手順2:学習計画の作成

ティーンエイージャーが、評価の結果から対象となった学習分野を習得するための適切な学習目標を設定し、目標、目的、およびタイムラインを作成するために用意されたスケジュール帳を埋めるように指導する。

 

手順3:リソースの提供

このガイドには、ティーンエイージャーと互いに協力しながら取り組み、セルフ アドボカシーのスキルに関する知識と能力を磨くことに役立つ情報が豊富に記載されています。

 

はじめに

このガイドの詳細については、このウェブサイトの専門家向けのリソースとツールを参照してください。それに加え、その他のコンテンツも入った、ティーンエイージャーとその両親専用の総合的なウェブサイトもあります。ユーザーの方に対して、難聴を抱えるティーンエイージャーのための完全な計画ガイドについてご紹介ください。

ティーンエイージャーのための計画ガイド

重要な考慮事項

全聾者と難聴者の権利

難聴のある個人に対して特定のサービスや設備の利用を提供する重要な規制があります。

資金援助関連

ティーンエイージャーには、補聴器や補助技術、大学、職業訓練、その他の潜在的なサービスについて、地域の助成金制度と利用可能な福祉制度を調べるように勧めてください。

助成金と適切な聴覚補助技術を得るには、難しい手続きが必要となりますので注意してください。この手続きをうまく進めるためのヒントをいくつか示します。

  • 最も適切な聞こえの支援技術を確定する際には、ティーンエイージャーと協力して取り組み、話し合いにはすべての関係者に参加してもらいます。
  • ティーンエイージャーが、テクノロジーと設備の必要性を理解するためのあらゆる関連情報の収集を手伝います。
  • 推奨事項を記載した文書も、関係者すべてに見せてください。

成人カウンセリング ツール

成人

小児カウンセリング ツール

小児