小児諮問委員会

フォナック小児諮問委員会

フォナック小児諮問委員会は、小児言語聴覚学分野の主なオピニオン リーダー、研究者、および専門家のグループにより、1998年に創設されました。この委員会は、将来の製品とサービスを導く支援を行うため、現在も活動を続けています。過去数十年間にわたり、委員会では毎年1回会合し、自己の研究プロジェクトや所見を共有し、小児言語聴覚学の業界の臨床での成功例に関するサポートと推奨の支援も行ってきました。

委員会のメンバーには、小児言語聴覚学の研究者と教授、優れた小児臨床医、難聴児の両親が含まれ、米国、カナダ、英国、ドイツ、南アフリカなど、世界中から委員会のメンバーが集まっています。

 
Logo Pediatric
 
Pic primary beach child
 

委員会の個々のメンバーは、以下のような多様な活動を繰り広げ、フォナックの小児科学に貢献しています。

  • フォナックの国際小児科学会のプログラムを策定し議長を務める
  • 製品と機能の開発についてフィードバックを提供し、研究を実施する
  • 小児用補聴器と機能のフィッティング方法を作成する
  • 小児用補聴器のデフォルト機能について、ガイダンスを提供する
  • Pediatric Focus 誌の新シリーズに向けた執筆とレビューを行う
 

Advisory Board Members

Portrait Tharpe
 

アン・マリー・タープ博士

小児諮問委員会議長
米国ヴァンダービルト大学
Hearing and Speech Sciences 学部 教授兼部長

 
Portrait Bohnert
 

アンドレア・ボーナート、MTA-F

ドイツ マインツ大学
大学医療センター
シニア MTA-F Pedaudiology

 
Portrait DesGeorge
 

ジャネット・デスジョージェス

米国 Hands & Voices
専務取締役

 
Portrait Munro
 

ケビン・J・ムンロ博士

英国マンチェスター大学
聴覚難聴マンチェスター センター研究部長
ユーイング聴覚学教授

 
Portrait Scollie
 

スーザン・スコリー博士

カナダ ウェスタン大学
准教授

 
Portrait Wolfe
 

ジェイス・ウルフ博士

米国 Hearts for Hearing
聴覚学部長

 
 
Portrait Bagatto
 

マーリーン・バガット聴覚博士、博士

カナダ ウェスタン大学
研究員

 
Portrait Davis
 

エイドリアン・デイビス博士、OBE

英国 Ad Cave Solutions Limited
オーナー

 
Portrait Lewis
 

ドウナ・ルイス博士

米国、Boys Town National Research Hospital&学習研究所
聞こえ指導担当

 
Portrait Roush
 

パトリシア・ルーシュ聴覚博士

米国ノースカロライナ大学
小児聴覚学部長
准教授

 
Portrait Swanepoel
 

デウェット・スウェインポール博士

南アフリカ プレトリア大学
病理学および聴覚学
Speech and Language 学部長

 
 

Phonak and Sonova Members

Portrait Dijkstra
 

エバート・ダイクストラ

スイス、Phonak Communications AG 社長

 
Portrait Rich
 

ステイシー・リッチ、MClAud

スイス Phonak AG、グローバル小児聴覚学マネージャー 

 
Portrait Jones
 

クリスティーン・ジョーンズ聴覚博士

米国フォナック
フォナック聴覚学研究センター長

 
 
Portrait Pelosi
 

アンジェラ・ペロシ学士(優等) 聴覚学部卒業

スイス フォナック HQ
小児グローバル部長

 
Portrait Boretzki
 

マイケル・ボレツキー博士

スイス Sonova AG
科学技術プログラムオーナー

 
Portrait Spahr
 

トニー・スパー博士

米国アドバンスト バイオニクス
聴覚学部長

 
 
 

小児向け シリーズ

小児諮問委員会による

さらに詳しく